【2010】『アリス・イン・ワンダーランド』ジョニー・デップ&ティム・バートン来日記者会見レポートその1:フォトセッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2010年に掲載された記事の編集・再掲載です】

はいはいはいはい!!お待たせしました!!!!
ジョニー・デップ祭第2弾・『アリス・イン・ワンダーランド』来日記者会見編でございます!!!!

さあ盛り上がっていきますよ〜〜〜〜〜〜!!!!

スポンサーリンク

ジョニーの来日ですから仕事なんて休んでます

まずはフォトコール現場へ突入!!!

フォトコールとは、写真撮影タイムのことでございます。
だいたい会見と一緒にやっちゃうことが多いのですが
(質問に答えている間とかもパシャパシャ撮ってるかんじ)、
超人気を誇る方は大変なことになってしまうので
(まったくフラッシュが止まない!!→まぶしくて質問に答えることができなくなる)、
会見場とフォトコール場が別室になったりします。

しかぁーーし!!!

ジョニーは超人気どころじゃない!!!
もはや超絶宇宙レベルの人気!!!
だからなぜか他の人の会見より記者も増える!!!
なぜか!!!なぜ!?
「こんなに映画サイトとか雑誌とかテレビ番組ってあったっけ!?」
っていう感じ!!!(うちもそのひとつ。笑)

というわけで・・・・

なななんと今回、会見場とフォトコール場そのものが離れた!!!!!

そして『フォトコールに参加した方は会見には参加できません。
同じく、会見に参加する方はフォトコールには参加できません。』
と・・・

大ピンチです。

そんなわけで前夜、
「ジョニーの来日ですから仕事なんて休んでます」という
プレミアポートのジョニーマスター・Atsukoに急遽会見取材を依頼!

こうして私が乗り込んだフォトコール現場がこちらだ!!!!

dsc_0002

おおおおおお!!!!
レッドカーーーぺーーーーット!!!!!!!!

そして待つこと30分・・・

・・・

40分・・・

・・・

50分・・・

来ーーーなーーーーいーーーーーー

大丈夫なの!?
15時間しかいられないんじゃないの!?
早く準備しないとダメじゃない!!!(母)

そうこうしていたら宣伝さんが「もう来ます!」と説明を・・・

「写真撮影は正面向き1分半。
右向き1分半。
左向き1分半。
最後にもう1度、正面1分半。全部で5分です。
ちゃんとその通りにいくかはわかりません。ジョニー・デップですから

遂に登場

ざわ・・・ざわ・・・
左の方がざわざわしてる・・・

なんかいろんな外人さんが出てきてる・・・
その中に見たことがあるクリント・イーストウッド、
もしくは『バットマン』のアルフレッド似のおじ・・・・・

・・・・・い様!!!!!!!!!

dsc_0006

※いつもジョニーのそばにいるおじいさま

そして・・・

来たーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

dsc_0009

ビーズ!!ビーズ!!!!!(ステキネックレスに過剰反応)

dsc_0010

「個性的なアイテムを組み合わせているにも関わらず、
このまま生まれてきたかのように自然に馴染んでいますね」
「そうですね、特にこのハットは何年も愛用しているとか」

dsc_0011

「自然色のストールが
絶妙なこなれ感をプラスしています。そこに赤いネックレス。
これはネイティブ・アメリカン・スピリットを彷彿とさせますね」
「レッドカーペットとリンクして、立った姿も絵になりますね」
「グレーやブラウン、ベージュなどをベースにしているせいか、
ポイントに派手な色を使っても安っぽさがありません。
髪の垂らし具合も完璧ですね」
「そうですね。
毛先に向かって徐々に明るくなっている髪色も素晴らしい。
そして、確実に計算されているはずなのにこの
寝起きだから帽子で誤魔化してるんだよ感。
ここまでナチュラルで計算を感じさせない人も珍しいでしょう」

dsc_0017

「計算を感じない?・・・ということは、
ジョニー・デップは“ファッション小悪魔”という事でしょうか?」
「そう言ってもいいかも知れません」
「なるほど。解説ありがとうございました」

・・・謎の解説をしたところで・・・・

ジ「あっ」

dsc_0018

パチパチパチ〜!

dsc_0022

ティム・バートン監督登場です!!!!!!!!!

dsc_0055

ほんといいよね「シザーハンズ」・・・(初期過ぎ)

帰りたいティム・バートン監督

というわけで、ひたすら撮られるジョニー&ティム監督

dsc_0068

どうもそわそわしているティム監督

dsc_0093

もう帰りたくなっちゃったティム監督

dsc_0082

「えっまだ!?」「うん」

dsc_0083

「そっかそっか〜もういいかと思って〜〜」

dsc_0086

帰りそうになったのをごまかすかのごとくジョニーにかぶさってみる監督と
すっぽりかくれてみるジョニー

dsc_0087

「イヒヒ〜」っていうふたり。仲良し!!

dsc_0090

「さ、次はあっちだぞ」

dsc_0101

「じゃあこっちの人にバイバイして〜」

dsc_0112

「よろしくお願いしまーーす」

dsc_0121

「手も振っておこうか」

dsc_0131

「あれ?今ふらなくていい時?」「うん」

dsc_0136

「な〜んだ」

dsc_0141

テ「今のでもう疲れちゃった〜」

dsc_0174

ジ「ほら、手あげるのここだって、このタイミング」
テ「え〜もうやだな〜イヒヒ〜」

dsc_0187

ジ「よいしょ、よいしょ」
テ「じゃ、ちょっとあげとくか」

dsc_0189

テ「でもちょっとずつ帰っちゃうもんね」
ジ「あっ!」

dsc_0190

テ「さよなら〜〜」
ジ「おいおい!!」

dsc_0191

ジ「もうティムは!ほんと申し訳ないよ、みんなごめんね!俺も行かないと」

dsc_0194

ジ「こっちも」

dsc_0197

ジ「あっちももう少し振っといたほうがいいよな」

dsc_0198

ジ「も〜〜ティムは・・・」

dsc_0199

ジ「ん?誰か呼んだかも!?」

dsc_0200

ジ「もう1回振っとこう。本当にありがとう!!」

dsc_0201

・・・というわけで宣伝さんの予想を覆し、
ティム・バートン監督がその通りにやらなかったのでした!!!

ほんと、キャラがわかりやすくてステキなお2人。
ジョニーが最後、まんべんなく手を振る所が本当に素敵でした!!

こうして2人は続いて、記者会見へ向かいました!!

 (Photo&Report by Yumiko Murata)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加