『セックス・アンド・ザ・シティ』サマンサ役のキム・キャトラルが語る「私は一度たりとも彼女たちを友人だと感じたことはなかったわ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中を虜にした大ヒット・ドラマシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』。2度の映画化もされ、現在も根強いファンが映画化第3弾を熱望する声が消えない中、サマンサ・ジョーンズ役のキム・キャトラルが爆弾発言。それに応えるように、キャリー・ブラッドショー役のサラ・ジェシカ・パーカーもコメントを発表しました。

スポンサーリンク

「悲しいわ」

キムは「ピアーズ・モーガンのライフ・ストーリー」にて「私は彼女たちと一度たりとも友人だったことはなかった。完全な『同僚』よ」とコメント。続けて、映画化第3弾が製作されない理由がキムにある…との多くの報道に対し「私は何のお金も要求していない。私はどんなプロジェクトだって要求したことがない。考えられるとすれば、とある『ディーバ』が本当に滑稽だったことかしら」と付け加えました。

これを受け、キャリー・ブラッドショー役のサラは「本当に悲しい。心が壊れてしまうかのようだわ」とコメント。「こんなの、私たちの思い出に心を馳せる方法として正しくない…。確かに、プロフェッショナルな仕事としての関係だったかもしれない。けれど、もはやパーソナルな体験であったと言えるとも思うの。だって、私たちはこの作品と何年も何年も一緒に過ごしてきたのよ」と、悲しみを表現しました。

オリジナルキャストによる『セックス・アンド・ザ・シティ』映画化第3弾は絶望的…?筆者としては、それでも、まだ諦めずにいてしまうファン心があります。ケンカしたキャリーとサマンサが仲直りするみたいに、2人の仲も戻ってほしいもの。昔のドラマシリーズ、そして2本の映画版を観ながら、もう少しだけ希望を持ち続けていたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加