BS10 スターチャンネルが『LGBT映画特集』。ヒース・レジャー、エディ・レッドメイン、ケイト・ブランシェット、アリシア・ヴィキャンデル他出演の名作を一挙4本放送!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画専門サービスの「BS10 スターチャンネル」が「LGBT映画の最高峰」とも呼ばれる4作品の特集放送を決定。
アカデミー賞、カンヌ映画祭パルムドール、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞など、名誉ある映画賞を総なめにした、名俳優たちの傑作を一気に鑑賞できる見逃せないラインナップとなっています。

スポンサーリンク

LGBTとは?

LGBTとは「レズビアン/ゲイ/バイセクシュアル/トランスジェンダー」の頭文字を並べた言葉。GLBTと呼ばれることもあります。

L:Lesbian(レズビアン)
体と心は女性/性的魅力を女性に感じる。バイセクシュアルの女性が含まれることもあります。
G:Gay(ゲイ)
体と心は男性/性的魅力を男性に感じる。バイセクシュアルの男性が含まれることもあります。
B:Bisexual(バイセクシュアル)
性的魅力を両性に感じる。
T:Transgender(トランスジェンダー)
性別の概念を超えた感覚の持ち主。

クィア(Queer)のQを加えたLGBTQという言葉もあり、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』クリーデンス・ベアボーン役や『ジャスティス・リーグ』バリー・アレン/フラッシュ役を演じたエズラ・ミラーは、自身のことをクィアであるとコメントしています。

Ezra Miller

Obscure.Celebrity.Photosさん(@obscure.celebrity.photos)がシェアした投稿 –

性別の概念を超える不朽の名作たち

今回の放送は、毎年ゴールデンウィークの時期に開催されるLGBTコミュニティのためのイベント「東京レインボープライド2018」に合わせた特集。「すべての愛に平等を。 」をテーマに、4月28日(土)~5月6日(日)の日程で開催が決定している「東京レインボープライド2018」では、「LGBTと呼ばれる性的少数者が差別や偏見にさらされず、前向きに生活できる社会の実現」を目指し、イベントやパレードなどが行われます。

1本目は、カウボーイの許されざる愛を描いた『ブロークバック・マウンテン』
『ダークナイト』での怪演が今もファンの心を掴んで離さない故ヒース・レジャーは、本作で秘められた男性同士の愛の果てまでを熱演。主演のイニス役として、20年間もの期間における人生変化を1人で表現し、実力派俳優としての評価が急上昇。アカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。
相手役のジャックを演じたジェイク・ギレンホールも、本作でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされる評価を受け、最終的にアカデミー監督賞・脚色賞・作曲賞と、ヴェネチア国際映画祭の最高賞である金獅子賞を受賞した、映画史に残る傑作のひとつです。



2本目は、2015年に公開された女性同士の恋を描く『キャロル』。ケイト・ブランシェットがケイト・ブランシェットの持つ力を全開にしたと言えるほど、魅力あふれる気品と深みでキャロルを熱演。ルーニー・マーラ演じるテレーズの心を魂レベルで奪ってしまうほどの美しさを放ちます。
「あまりの素晴らしさにため息が止まらない」と批評家たちの絶賛をさらい、カンヌ国際映画祭でのクィア・パルム賞、ルーニー・マーラの女優賞をはじめ、世界各国で多くの受賞を達成。衣装などビジュアル面での見どころも多く、引き込まれるような世界観とストーリーに魅了されてしまう名作です。

3本目は、フランス映画の『アデル、ブルーは熱い色』。第66回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを受賞したほか、カンヌ国際映画祭史上初となる出演女優のパルムドール受賞(2人とも)という快挙を成し遂げました。
過激な性描写が含まれ、偽の性器を使用した写実的なセックスシーンを表現。日本でもR指定で公開が行われましたが、今回の放送はR15+指定版。女性同士の情熱的な愛を、 美しくもセンセーショナルに描く1本です。

4本目は、世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人男性を描いた『リリーのすべて』『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』など、重厚なドラマを得意とするトム・フーパ―監督による、史実を元とした作品です。エディ・レッドメインが主演のリリーを見事な表現力で演じ切り、高い評価を獲得。さらに、原作などでは言及に乏しかった妻・ゲルダの困惑までを美しく具現化させたアリシア・ヴィキャンデルは、本作でアカデミー賞助演女優賞を受賞しました。
今よりもっと理解のない時代だった1930年代に、自身の中に眠る女性性と共に生きることを決意し、過去に例のない手術を受け、更にそれを受け入れていく妻の葛藤のドラマは、世界中の映画祭や名だたる授賞式で絶賛を受け、エディ・レッドメインを代表する1本となりました。

スターチャンネルにはオンデマンドアプリもあるため、iPhoneやAndroidでの視聴も可能。加入月の1カ月間は無料となっています。

数ある映画の中でも傑作として名高い4本がラインナップされた今回の特集。映画を通じ、社会の多様性と平等について考えることのできるまたとない機会、見逃せません!

<放送情報>
BS10 スターチャンネル GW映画特集 「LGBT映画特集」【STAR2 字幕版】
2018年4月28日(土)午前11:00~ 一挙放送
2018年4月30日(祝・月)~5月3日(祝・木)深夜(全4作品)

詳細はこちらの【スターチャンネル】サイトから。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加